中国ナンパで持っていくべきアイテム一覧

中国では、ネットワーク関係が日本を含めた他の国と全く違う。俗に言う「Greate Firewall」の存在である。

中国政府はインターネットアクセスを制限しており、GoogleやFacebookなどの一部のサービスは使えない。

なので、他の国と同じように「現地に行ってからSIMカードを買えばいいや」と思っていると痛い目に遭うことになる。

中国(本土)に行くにあたり、必要となるアイテムについてまとめてみようと思う。
スポンサードリンク

 

①ネットワーク関係 

・香港SIM
中国聯通香港/中国31省及び香港・7日間/1GB/Data通信専用・プリペイドSIM・テザリングOK [China Unicom HK] [並行輸入品]

中国聯通香港/中国31省及び香港・7日間/1GB/Data通信専用・プリペイドSIM・テザリングOK [China Unicom HK] [並行輸入品]

中国本土に行ってから現地のSIMカードを買うと、見事にGreat Firewallに引っかかるので、事前にSIMカードを持っていく必要がある。
ホテルなどのWifiを使う場合も、当然Great Firewallに引っかかる。

Googleのサービス(検索、地図、メールなど)にアクセスできないので、そのままで行くとかなり不便なことになる。

日本の通信キャリアの国際ローミングでいいという人はそれでもいいかもしれないが、費用を押さえるなら、香港SIMを買って香港のローミングを使うという手法がいいと思う。

上のSIMカードは1週間で1GBの容量があるので、まずこれで足りる。

スマホやタブレットのほか、パソコンなども使いたい人はVPNを使うのもありかもしれない。上記の香港SIMをスマホに指してテザリングすれば、パソコンも使えるが、通信容量やスマホのバッテリーの不安があるので、パソコンなどをハードに使いたい人はVPNサービスを申し込んでおくといいと思う。

セカイVPN

 

②キャッシュカード

海外のATMで引き出しができるキャッシュカードはマスト。たぶん新生銀行が一番メジャー。中国でもちゃんと使える。

「日本円の現金があれば両替できるので大丈夫」と思うかもしれないが、実は空港以外で両替所がほとんどない。ショッピングセンターに行っても両替できない。銀行に行けと言われる。

上海の話なので、他の都市は違うかもしれないが、最も国際都市である上海ですらそうなので、他の都市もそうなのではないだろうか。

しかも、銀行は土日は営業していない。サラリーマンがプライベートで海外に行くとすれば、土日に重なることが多いと思われるので、これは大変不便だ。

この点、台湾も両替所がないが、モールなどで両替できる。ただし、モールはレートが悪い。私は台湾滞在中にわざわざ空港に行って両替をしていた。

 

③服、靴

上海の気候は日本(東京)とだいたい同じ。東京から行くなら、ほぼ同じ格好で大丈夫。

クラブなどでドレスコードは特になさそう(チェックされなかった)ので、カジュアルな格好でも入れるかもしれないが、クラブは基本的にハイエンド層が多いので、短パン・ビーサンとかだと浮くかもしれない。

クラブなどの事情は別記事でまとめてみようと思うが、大変なことになっている。

https://lh3.googleusercontent.com/inRX-7mv5REhxJl-zwLepPd1dzsK-Mw4gv6xcwXzuMa7nagAM9GWeBhkjq4CtSE30mbtFVJFY9ACDkmIrlK4IFmFT51-nEY5OPsDuDWcOECSvdvk5f8YweLVnjQGs9329P1znnuodX6J98EI8B7EoPSxfnzv-1PHei8gZp70MX2MHIGFOVUJQtwVO5LjUTaYz_7yLPXMO36POHzqXl_fKrdlIKBjFukBGh5im-rpdOolWEgE4lUaiu3cOjBOXXPNMjfMnvkQq6TqVj03ZLp1URNxcJNThFJtmsn1lVbeQvk_Edbhj6zgDoHV0l-UnQqUw9HBpNpcoVmSiy5idKFatxExJ_WzTvESkLSKrwQ1iO7kbQBfIO9nyriG2L1PX_HtjAYalQhWfjAabHy8ktJvppvI2i8pe6llfgmBaDlpKhQdz0eA-W98u8-RAWEoiwR7NCgFaoB84zPvP1FJ-ES8UfHVcvUrJ0NMzWex8vA9s5ODRwX5Tdy77PvUFmtYR1px93Ozv8ZCoegnOsOZDLAQU1GYZnl2Z-vELzMtXe_HJkzf=w308-h547-no

④洗面道具、コスメ類

上海ではホテルに洗面用具があるので、基本的に持っていかなくても大丈夫。普段のコスメじゃないと肌に合わないなどの理由があれば持っていけばいいだろう。

また、ホテルになかったとしても現地調達はできるので、特に気にしない人は何も持っていかなくてもいいかもしれない。ただし、台湾やタイなどと比べるとコンビニはちょっと少ない(台湾や東南アジアはファミマやセブンが至る所にあるのでかなり便利)。

⑤ガイドブック、地図

ネットワーク関係をクリアできない場合は、ガイドブックや地図を持っていくといいかもしれない。

日本語だったら、地球の歩き方がいい。というか地球の歩き方以外はクソなので、他のガイドブックは買うべきではない。地球の歩き方もあくまで日本語の中なら一番まともというレベルなので、英語が読める人はロンリープラネットなどの方が情報量が多くていいだろう。

特に、欧米人はナイトライフが好きなので、ナイトライフ関係の情報は圧倒的な差があると思う。クラブなどを知りたい場合は、英語のガイドブックの方がいい。

ガイドブックは電子版(PDF)もあったりするので、荷物を増やしたくないという人は電子版がオススメである。

そもそも、ガイドブックは不要という人も、ネットで情報収集して、クラウドに保存したり、ネットワークにつなげないリスクを踏まえて、オフラインで保存しておくのもいいだろう。

オフラインの保存のやり方は色々あるが、個人的には、どの端末でも同じ情報を保存できるEvernoteのオフラインノートブックがオススメである。

⑥メッセンジャーアプリ

女の子とやり取りする場合、Wechatがマストになる。なぜなら、彼女たちの国の政府はLINEを使えないようにしているのだ。

ただし、なぜかLINEショップ(グッズショップ)は驚くほど人気である。LINE自体は使えないにも関わらず。

https://lh3.googleusercontent.com/g12JPdxIpukYtW7ZCSiFUo0tOj2VFOuGlkPMXcb0lQ10Up_0iLutmGaebkzSeIPvsMSjrYEL5QIG4CZraFGvYDo4dHDhfSdfYGIQwnyy-cJc0Ov4KP_MTS6uMl6IuAkZuqQqIG8pOXLnyl5cz9g7ajNCKQZsHzTnYsYULWNo0zuo0LZ-Otgt88IuT7ewlF7YBYYWxmhD5CQqHdBGOKn5LnD0NdtLEWW91L1zW5ZvBeW3tvbPXcw7HuXd3hUpY4x6DcOH6WVhhXpXRFKwSqGxKIBw90mZmFoIueu6JQXMQI9CTpwEu6KvZFQrhcNfm_hve7esdtUmfAOxi8xFmIuV8-eJn8hPqHRCeC7tXm7BAH3nDDq8DfW2-fJNTfkLRIqMQq73jxJieGy4way8P7iJA-PmhCW0AnlinFtJs1q2qN979-XvxfB8chFoDoboD7R6mvApdKX6Y5nGzjZT9asYVrrpF8_iN6jZiBz8zh6hCjj-XTlKS6y684AfvLfyo518xO0vOa-l_p1NobB-SMFN10wqDZJ5Ozbf6iz6CZgFtQCT=w308-h547-no

https://lh3.googleusercontent.com/b91CcKUn0v0aSSFBOeJBjtGR6UsLicPqYReBQIBUehcgNeAKJxEnwA425Hg-XRRsQvU2KF2yG9_Y6Y38-xl58RhRF-nZePnfxRAp-wRA6YnthA7_jueP4OImKjU6CruPN4UU2MNU8IZvrObcOIIdwa8jAxRoTUEXQ-pHKduU36zQ_0U5YojPX2P_dAofh6b_mJ2mqdaJ1yTJk3Xix23dzjgJoMTgnTwIOCT7WGW_PI9W_BfNctYRJH2rBVBOunBGPFejMj805FZF1vL7KoQcSfYCcOAQ2YUI6CBrbrskygj2mYchfaYLPjWd1Tvz-xiKqr2iI96Im9yaSqYZONFnxx7hpFdQQ9AbLVb-uvAMDpUM8ePW2F48-uXyX6e75tj7446QYrxoodQQBYhG-NpD8V9XW3gZFldqxuBvowNNCwl99tedn4IjMRlZmonWPhWbUqLHy6Vu3YTJflNPSvHQnlv2s7TWazPOqntV1eNSfZ_8HqI80Ln89J1NyNzwnUZP_YaKxQ8OIXoUik6C22UdfBLmhnBrGrvfU-ZvTKqwjV-7=w308-h547-no

現地人いわく、昔はLINEも使えたらしいので、LINE社はいつか中国政府がLINEを解禁する日を見据えて戦略を練っているのかもしれない。また、そもそもグッズが大変盛況でそれだけでも儲かっていそうだ。LINE社のビジネスの上手さが見える。他のメッセンジャーアプリはキャラクターで訴求していないが、LINEはキャラクターが一種の商品になっていて、それだけで売れるのである。

話はそれたが、女の子とのやり取りにおいては、必ず、Wechatをダウンロードしておこう。

なお、彼女たちは音声メッセージを送りつけてくることが結構好きなようだ。中国人の英語メッセージはちょっと可愛かったりする。

⑦Tinder・探探

マッチングアプリ。単にアポ相手を探すだけでなく、現地の情報収集をするのに便利。現地でローカルが多いストリートやクラブの情報はガイドブックやネットで日本語や英語で検索しても出てこないこともある。そういう意味で現地の女性からホットな情報を収集するというのは大変重要である。

中国ではTinderだと外国人も多いが、中国人もいる。まれに日本人もいる。Tinderを使っている中国人は基本的に英語を話せるので、マッチングしてアポを取れれば割と容易に戦えると思う。

また、中国ローカル版のTinderのようなものもある。「探探」である。使い方は基本的にTinderと同じだが、こちらは基本的に中国人しか出てこない。カワイイ子もたくさん出てくるが、業者っぽい子も多い。少なくともWechatのIDが写真に書いてあったり、やたらセクシーな写真だったりする場合は、業者の可能性が高い気がする。

なお、探探は基本的に中国語仕様なので、中国語ができないと結構きつい。マッチングしても途中から英語に切り替えてメッセージを送ると返ってこなくなる「英語グダ」が発生する。ただ、英語を使える普通の素人もいるので、じっくりやればいい子を見つけられるかもしれない(実際にアポまで行けた)。

 

⑧翻訳

ネットワークの問題をクリアできるのであれば、普通にGoogle翻訳でいいと思う。

 

⑨ピーコックグッズ

何でもいいと思うが、光るサングラスはいまいちウケが良くなかかった。

お面は、アノニマスは(欧米人からは)かなりウケたが、中国人からのウケはあまりよくなかったと思う。一方で、日本風のお面は割とウケていたように思う。

獅子頭 大

獅子頭 大

また、一番ウケがよかったのはシャボン玉である。繁華街でシャボン玉を飛ばすと、9割くらいの確率で食いつかれる。IOIを感じまくることになる。

ただし、子供を中心にかなり若い子にしか通用しない…。

https://lh3.googleusercontent.com/P3HQLkb3EVXlsjTdJqGBCyJxJvvWi975MFtiHN7K5C4vvuEbRhvYlg4UBpJUgyJXszmVXA7Xw7geuTNJACn00ABcTUWVk-fq_kzcuoSZEj89UPsLjr_FDEZi35f5DanGxQWEVTdfJ-LtbvVSQZLmEKYUPPNXp3ZLJ4OGnw9j7YQK8-E03tTexz70k3rKhDhrbUB5irssZ2m6Awo14SMBDN0loAI1fF-7orl9MERsNOox97lvD7TtB45y0np3baQHhftCInkzbPIBy6Wd0D5Xddr00320HPi0WhY4Wyh6hEnpZk-rsGOGhHYuGU2tdnxQrMkWlwuObJbU52u3rcw6k9amLn_4eLzZEwAr3pl2XvOX9bLB3Sbf1dxmegirLoWPe5e9yh37n8UvFOXPn7dBrgyw2fHT0ah6EppF4MtgWfAsEOpcyFoWlLvg1mEuhrAkTKERsFm84l2HJR448h_EY-fWweEO6KKUGRwCZ8FXfgXNiEHDwAjnz1E7uFOqZkS9fAcstPBo_nAGqfLEhM4_DQYBVfhJ9wjh7K1pl8gST-IQ=w411-h547-no

以上。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. tako0275 より:

    台湾て空港がレートいいんですか?
    空港が一番レートが悪い国が多いので意外です。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください