タイ(バンコク)のクラブレポート - Scratch Dog(スクラッチ・ドック)

タイ(バンコク)のクラブに行ってきたので、そのレポートを書きたいと思います。

スポンサードリンク

行ったのはスクラッチドッグというディスコで、ウィンザーホテル(Winsor Hotel)というホテルの中にあります。


Scratch Dog | Facebook

場所はアソークエリアでアソーク駅から徒歩10分くらいですかね(自分はタクシーで行ったので正確な時間は分かりませんが)。

入場は金曜の深夜11時頃。その頃は人はぼちぼち入っているかんじでした。

内部にはダンスフロアなどはなく、全体にテーブルと椅子が敷き詰められている内装です。ダンスフロアがないので、DJブースもありません。

入ると、ボーイさんが適当なテーブルに案内してくれて、そこでドリンクを注文するというスタイルです。たしかキャッシュオンでの支払いだったと思います。

僕が行ったときには、シンガポール人の男1人とタイ人の女の子2人組がいました。シンガ人の方が女の子Aと和んでいたので、女の子Bが余っている状況でした。

そこで、女の子Bに声かけ(というか目配せして乾杯)。そのまま一緒にダンスというかんじでいけました。英語があまり話せない子だったため、会話はあまり成り立たず、結局キス止まりでした。

タイ語が話せない人は、なかなか会話が成立しないと思うので、基本踊りで勝負するという戦略がいいと思います。

1時、2時頃になると人もかなり増えてきて、テーブル席につけないような人もたくさんいる状況になりました。

なお、日本人には有名なディスコらしいですが、日本人らしき人は見かけませんでした。また、ナンパが盛んという印象もあまりありませんでした。
2時を過ぎると、それまでかなり飲んでいたせいか、完全に酩酊状態になって、適当に声かけするもなかなかオープンせず、気持ち悪さが勝り、結局、2時半頃に退散することを余儀なくされました。

以上、あまり参考にならないような記事ですが、折角行ったので、一応アップしておこうと思います。

D18 地球の歩き方 バンコク 2016~2017

D18 地球の歩き方 バンコク 2016~2017

スポンサードリンク

そもそもこのブログのコンセプトは?

そもそもこのブログがどういうものか知りたい方がいれば、以下をご覧ください。

筆者の思い

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください