サラリーマンがするべき日々のお金管理術

最近お金の話をよく聞くので、ただのサラリーマンである自分が行っている、お金の管理方法を書いてみます。

スポンサーリンク


お金について発信しているのは、自営業の型が多いように思いますが(税金を自分で納めていて詳しいので当然です)、サラリーマンでもお金の流れくらいは把握しておくといいですよ、そのための簡単な方法です。
自分は給料の振込口座とは別にメインで使っている、つまり銀行口座を常時2つ運用していますが、これはサラリーマンにとってオススメです。
なぜなら、「お金の流れを把握できる」からです。
具体的には、給料の振込は大手金融機関しか対応していないので、給料は某メガバンクの口座に振り込まれます。
そして、家賃の引き落としも同じ口座から引き落とされる仕組みにしています。
一方で、メインのクレジットカードの引き落とし先はもう一つの口座(ネット銀行)にしています。
そして、実際は、使わない金はこのネット銀行の方に貯めています(理由は、①金利が比較的高いから、➁証券会社の口座と直接リンクして使いやすいからです)。
つまり、毎月、某メガバンクの口座で増えた額を把握し、家賃引き落とし分だけ残して、別口座に移し替えているのです。
さらに、自分は日々の支出はほぼすべてクレジットカードかクイックペイで行っています。これのメリットは、後から、何にいくら使ったかはっきり把握できることですね。
以上、口座を使い分けることと、現金払いをしないメリットは自分のお金の使い方をほぼ完全に把握できることです。
サラリーマンが1つの口座で、さらに日々の支出を現金で行ってると、資金の管理は適当にしかできないでしょう。生活水準と収入のバランスが取れていれば、いちいち収入とか支出を毎回気にする必要がないからです。
そこらへんをあえて面倒な工程にすることによって、資金の管理をせざるを得ない状態にしています。資金の移動に失敗すると、クレジットが引き落とせなかったり、家賃が引き落とされなかったりします苦笑
あと、やってることは、給料(税金も含め)と支出をエクセルで管理していることですね。こんなのも最初は面倒に思いますが、慣れれば月1回の作業なので、別に苦労しません。前提としてクレジットで日々の支出を捕捉していますが。
ということで、普通のサラリーマン(特にそれなりに収入がある人)は必然的に、お金の管理が適当になるので、あえてその工程を複雑にすると、ちゃんと管理せざるを得ないので、なかなかよい習慣ですよというススメです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク