ただ研ぐこと

恋愛、副業、英語、世の中にはやらないといけない(と勝手に思い込んでしまう)タスクがたくさんある。

仕事(本業)一筋、流行は見ないという生き方であれば、そんなことに意識を向けることはない。
しかし、中途半端に「意識が高くなる」と、アンテナを高くもって世の中に接し、結果、色々なタスクに取り組むことになる。

たいていにおいて、そのタスクは競争社会の中に存在している。
これらのタスクを、他人との比較なくして、やり続けられる人はどれほどいるだろうか。

昔の有名人が言っていたのだが、結局競争社会で勝てるのは、圧倒的に高く売るか、圧倒的に低いコストで売れるという競争優位があることである。
これを人生のタスクに置き換えると、圧倒的な付加価値を生み出したり圧倒的に効率的にできる人が成功するのだろう。

しかし、ほとんどの人にとっては、タスクを分散化した結果、むしろ意識が散漫になり、皮肉なことにすべてが中途半端になる可能性がある。

つまるところ、戦略の要諦は取捨選択であり、「やらないこと」を考えることである。
そうして、僕は、SNSの時間を捨て、ナンパの時間を捨て、今やらなければならないタスクに取り組んでいる。

今はその一点だけを「研ぐ」時期だ(正確に言うと、普通に仕事はしているので本業もあるが、それは置いておく)。

その内容はここでは書けないが、もう少しすると視界が開けてくるだろう。

その際には、別のタスクに取り組もうと思う。それはSNSを再開したり、ナンパを再びすることなのかもしれない。

春が来る、そのときには今のタスクを終え、新しいタスクを始めよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク