ナンパ師の精神的破綻とその対処法

今日は真面目な話を書いてみようと思います。ナンパ師には精神的に破綻をきたす人が多いと思います。

ナンパに成功すればするほど虚無感を覚え精神的に満たされなくなってくるのだと思います。元々ナンパを始めた経緯として自己承認欲求が強い人ほどこの傾向が強いと思います。


スポンサーリンク


精神的に満たされない結果の一つとして鬱状態になることがあります。鬱状態になるのは認知の歪みが生じていることにあります。

例えば、マイナス化思考というものがあり、世の中全てをマイナスに考えてしまうことがあります。自動思考でこのような考えが頭に出てくると危険だと思います。しかしながら、このような思考は合理的なものではありません。
従って、これを合理的な思考に修正する必要があります。このためのトレーニングを認知療法と言います。
要は、マイナスの思考が頭の中に浮かんできたらそれを合理的な思考に置き換えればいいのです。
具体的には、自分が感じている負の感情を紙に書き出して、本来の合理的な反応を負の感情に対応する形で書き出します。
例えば、世の中に楽しいことがないと感じるなら、それを自動思考として紙に書き出し、過去の楽しかった経験を思い出して、世の中は楽しいことに満ちていると書きます。
紙に書くことによって思考を置き換えることが可能になります。
また、負の感情に対抗するもう一つの有効な方法がアンカリングです。
アンカリングは心理学用語です。パブロフの犬を思い浮かべてもらえば分かると思いますが、特定の事象に対して特定の行動を取るようになることを潜在意識に植え付けます。正のイメージをアンカーすることによって、負の感情を払拭できます。
具体的には、ある特定のイメージを思い浮かべながら、特定の行動をすることで、イメージを自分の中に刷り込み、その特定の行動をすることによって、イメージを具現化します。これを何度も繰り返すことよって、その特定の行動を取ったときに、具体的なイメージ像が自然と自分の中から出てくるようになります。
このアンカリングは、正のイメージを作ることに非常に有効な方法だと思います。行動自体は手を握る、肘を触るなど、どこでもできる簡単なものにするといいと思います。ただ、注意が必要なのは、一つの行動について、一つのイメージしかアンカリングできないということです。複数のイメージをアンカリングすると具現化が難しくなります。複数のイメージをアンカリングしたいときは、それぞれ別の行動を採用するようにする必要があります。
僕も虚無感に襲われたときは、上記の方法で感情をコントロールして、精神の安定を保つようにしています。

〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法

〈増補改訂 第2版〉いやな気分よ、さようなら―自分で学ぶ「抑うつ」克服法

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク