あなたは何のためにナンパをするのか。

突然ですが、あなたは何のためにナンパをしているのでしょうか?
皆さんはこの答えにはっきりと答えられるのでしょうか?

承認欲求としてのナンパ、エンターテイメントとしてのナンパ、理想の相手を探すためのナンパ、人それぞれ色々あると思いますし、それを否定するつもりはありません。


スポンサーリンク


ここ数ヶ月、自分の中での「ナンパ」という行為の意義付けが揺らいでいました。
それは、数ヶ月間既存女性と楽しく過ごすことで、十分に満ち足りていたからです。
また、自分は元々性欲が強くありません。↓これは嘘ですね。

以上のように、性欲が強くない&女性ポートフォリオを構築してしまったため、新規顧客開拓意欲がかなり減少していました。
まったく活動しなかったわけではありませんが、友人から誘われる飲み会の延長のような所謂エンターテイメントとしてピックアップ活動のみ行う日々が続いていました。

※過去に書いた記事でも、私は所謂エンターテイメントとしてナンパをしています。
自分のピックアップ活動のモティベーションは何か

しかし、ここ最近色々考えた結果、自分の中での「ナンパ」を再定義できた気がします。

それはスキル向上であります。

今、私は営業などの仕事はしていません。たまにプレゼンはしたりしているが、所詮は社内であったり、得意の取引先なのです。つまり、新規顧客の営業のようなものではないのです。

私はビジネスパーソンとして、営業スキルは高くないと考えています。
スキルポートフォリオは分析系と企画系であって、何もないところから契約を取ってくるスキルセットは持ち合わせていないのです。

実際にストレングスファインダーをやってみると、自分が強いのは「分析」系です。先天的に営業に有利な特質は1つも持ってませんでした。

話が逸れますが、ストレングスファインダーは2、3年に1回やることをオススメします。実際に、私もナンパに挑戦してみる前の結果と最近再度ストレングスファインダーをやってみた結果がいくつか異なっていました。もちろん、コアな部分はやはり変化はなかったのですが、ナンパマインドによっていろいろと変わった面もあるようです。

話を戻します。今欠けている「営業」というビジネススキルの獲得、このために私はナンパをしようと思います。

つまり、私はスキル開発のために「ナンパ」をするのです。

今までの「ナンパ」は、エンターテイメントとしての「ナンパ」でした。

ソロストナンをストイックにできる人は尊敬しています。

しかし、自分はそのようなモティベーションはなかなか生まれず、迷っていたところです。

そこで「ナンパ」という行為を再定義してみたいのです。経験上、定義づけられた行為は強いのです。

エンタメからスキル向上へとステージを変え、私は「ナンパ」を再開しようと思います。

※本記事は、過去にnoteに勢いで書いた内容をリライトしたものです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク