NPのモチベーションを上げるための処方箋を考えてみた

f:id:ash-n:20140608194912j:plain

以前の記事でピックアップのモチベーションを維持するにはどうすればいいのか、とう点について疑問を呈してみた。

ピックアップ箱の中で思ったこと、ピックアップのモチベーションを維持するにはどうすればいいのか – Crazy, Stupid, Love.

ピックアップのモチベーションを維持するのは酷く大変だが、これはもう脳をハッキングするしかないと思う。例えば欲望という本能で理性を支配するとか、アルコールで理性を飛ばすという方法があると思う。

 

これについてもう少し具体的に処方箋を考えてみた。

 

・種を残すという本能を最大限活用し理性を支配すること

まずは「理性」を持つ脳を意図的にハッキングする方法の一つとして、欲望を最大限に高めるということがありえる。要は下半身に「理性」を支配させてしまう方法だ。具体的には断固として自慰行為を禁止するといいかもしれない。「本能」を最大限活用しモチベーションを維持することができる気がする。

 

・アルコールで理性を飛ばすこと

これも「理性」を支配する方法の一つだが、アルコールを大量摂取して「理性」を飛ばすという方法が考えられる。「理性」が飛ばされれば、その先にあるのは「本能」だ。「理性」が飛ぶことによって「思考」が停止されるデメリットはあるが、本能的に行動できるようにはなると思う。

 

・他人とのコミュニケーションを平易化すること

他人とのコミュニケーションを平易化することは、日本においてとても重要なのではないかと思う。私は海外旅行が好きだが、海外では、NP抜きにしても、現地の人や旅行者と何気ない会話を交わすことが多い。一方、日本では知らない人に話しかけるのは普通の行為ではない。酔った勢いでおっさんに絡まれるとかはあるが。いずれにしても、日本人は全く知らない他人とのコミュニケーションが酷く苦手な国民性なんだと思う。その問題を解決するにはコミュニケーションを平易化するしかない。第一歩としては、老若男女問わず、知らない他人とのコミュニケーションを取ることを日常化することだ。その上で「1外出1NP」など、NPを日常生活に組み込むことが重要だ。「今日はNPしよう」とか意気込んでやるのではなく、あくまで日常生活の中にNPという行為を溶け込ませることができればとても楽になると思う。

 

・種としての生存本能が発揮されるような危機的状況に陥ること

自らの生に危険性を感じると本能的に種を残さなければならないという意識が湧いてくると思う。事故に遭いそうになるとか、仕事で致命的な失敗をするとかして、生命に危機が及ぶような危機的状況に陥れば、種としての生存本能が働き、NPへのモチベーションが高まるかもしれない。但し、これは狙って起こせないのが問題だ…。

 

・テーマ性を持った企画に挑戦すること

今ままでのやり方に飽きてしまったということも背景にあるのかもしれない。私の活動はこれまでクラブやバーがメインで、王道のストリートではあまり活動してこなかったのだが、2015年の目標に掲げたとおり、ストリートにより力を入れたいと考えている。しかし、閉鎖空間であるクラブやバーと違って、ガンシカ率も高いストリートでのモチベーションを維持するのは更に困難を伴うと思う。しかも、クラブやバーで活動する友人は何人かいるのだが、ストリートに踏み切ろうという気概がある友人がなかなかいない。何回か一緒にストリートで活動したときも、全ての声かけは私がやっていた(地蔵しない仲間がいると大変心強いのだが…)(笑)。そうすると、ソロでやるしかないわけだが、ソロで愚直に活動し続けるのはなかなか辛い。先に述べた「他人とのコミュニケーションを平易化」できれば、あまり苦痛は感じないのかもしれないが、車の両輪として、何らかの企画性やテーマを掲げることによって、楽しんで活動できるようにするといいのではないかと思う。

具体的には、以下のような企画にチャレンジしていきたいと思う。

山手線一周NP(なべおつさんの本で紹介されていたもの)

・TDSNP(恋愛工学で紹介されていたもの)

・納涼船NP(色々なNP師が紹介している)

天下一武道会(学祭NP、恋愛工学で紹介されていたもの

・海外進出

 ※但し、観光もしようとして行くと、観光とNPが中途半端になるので、NPしかしな  いと心に誓って行くことが重要だ。できれば何回も行って観光はもう充分という  街がいいと思う。そうすると、個人的には、ソウル、台北、バンコクあたりにな  りそうな気がする。

 

モチベーションを高める方法として書いたが、地蔵を回避する方法としても役に立つと思う。

 

以上。たいしたこと書いてないけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク