台湾(台北、台中、高雄)のクラブレポート - LUXY、Babe18、LAVA、WAVE、Lobby、Lamp、Brickyard

だいぶ昔の話ですが、台湾旅行のついでにクラブ何軒かに行ってきました。
※2015年9月に再訪しましたので、最近の情報もアップデート中です。

スポンサードリンク


正直、中国語か最低でも英語が話せないと、クラブで女の子と仲良くなるのは難しいかもしれませんが、片道4時間(沖縄のちょっと先)くらいの距離で3連休あれば行けますし、全体的に親日なので行ってみると楽しいかもしれません。

そのとき僕が行ったのは、台湾一大きいLUXYとナンパ箱で有名なBABE18、LAVAです。どこも日本人が多少いました。英語・中国語ができなかったら日本人と和むのも可能です。

※2015年9月に再訪した際には、台北のほか、台中、高雄のクラブも訪問しましたので、その内容も追記しています。

全体的な雰囲気はこちらの動画を参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前提

クラブの営業曜日を確認した方がいいです。

中国語だと「一、二、三、四、五、六、日」になっていますが、「月、火、水、木、金、土、日」に読み変えます。

基本的には、月曜・火曜・木曜あたりはやっていないので、平日は水曜か金曜という前提でプランを立てた方がいいと思われます。

最近は、LCCの便も増えており、週末だけでも充分に行けます。

(例:Peachの羽田ー台北便)

http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/hndtpe_launch_2015.aspx?www_pc_ja-jp_main_banner_01

台北(Taipei)

1.LUXY ※閉店してOmniに変わっています。

言わずとしれた、台湾で一番大きなクラブです。忠孝敦化駅出てすぐのショッピングビルの上層階にあります。

事前情報では新木場Agehaより大きいと聞いていたんですが、そうでもなかったような気がします。ただ、ダンスフロアはとても大きかったです。

日本人向けのガイドブックにも載っていることもあって、日本人もたくさんいました。

日本人と仲良くなりたい人はいいかもしれません。ただ、僕は現地の方と知り合いたかったので、このクラブはちょっと微妙でした。

光の使い方がうまかったり、LUXY GIRLというセクシーな女性がお立ち台で踊ったり、見せるクラブで単純にすごいなーと思わせるところはたくさんありましたが、ナンパ箱というかんじでもないような気がします。

2.Babe18

「ATT 4 FUN」というショッピングビルのB1にあります。エントランスは1Fの外から入る感じです。

それほど大きい箱ではありませんでしたが、かなり賑わっていました。

ナンパもかなり見られます。

ただ、英語が通じなかったり、自分は中国語が全くダメなので、そういう意味では難しかったですね。

なお、日本人の女の子もいたので、和んでおきました(というか台湾人だと思って声をかけたら日本人だったというケースが多かったです)。最終的には謎の外国人に思い切りAMOGingされて排除されてしまいましたが。

そして、4時にクラブが終わった頃には、泥酔者が多数発生します笑

3.LAVA Klashというクラブに変わっています。

Babe18の隣の「neo19」というビルに入っているクラブです。エントランスは1Fから、クラブ自体はB1にあります。

※Klashというクラブに変わっています。

この箱もそんなに大きくはありませんが、ナンパ箱だとは思います。

なお、ここにも日本人はいました。

雰囲気はこんなかんじで、台湾のクラブはLAVAに限らずノリがとてもいいです。

4.WAVE

他のクラブは月曜、火曜は休業のところも多いですが、ここは火曜も営業しているクラブです。他に周りで営業しているクラブがないからか、火曜でもそれなりに人が入っていました。

また、他にも、このあたり一帯がショッピングモールのようになっていて、クラブやなバーもたくさんあります。

LAVAはKlashになってますね。

5.全体まとめ

台北市内のクラブのMAPは以下のようなかんじです(2014年4月時点)。

※台北101付近のクラブの位置は正確じゃないかもしれません。

※迷ったらそのへんの人に聞いたら親切に教えてくれます。それか、タクシーも安いのでタクシーで行ってもいいと思います。

f:id:ash-n:20140523105359j:plain

※最新版の地図は以下です。Luxy(→Omni)、Myst、LAVA(→Klash)、Spark、MUSEはなくなっています。

MUSEなどのクラブがあった京華城の12階は別の施設になっています。

なお、昔に比べて、日本人比率がかなり増えているように感じます。もはやブルーオーシャンでもないと思いますので、簡単に勝負できる場所ではなく、日本で勝負できない人が行っても勝負できるような場所ではないと思います。

※クラブナンパの参考記事はこちらもあります。
クラブに通い詰めて見出したクラブナンパ後略の3つの視点に役立つ記事
量産型クラバーが教える定番クラブミュージック(EDM)100選

台中(Taichung)

台中のクラブは数店舗あります。台北と比べると数も少なく、また、外国人が少ないです(特に日本人はほとんどいません)。

1.Lobby Club

600台湾ドルで飲み放題です。箱的には踊る場所があまりない一方、席が多いアジア型のクラブです。土曜でも12時前は人が少ないです。また、よく分からないつまみが付いてきます。

2.Pure Club

クラブというより、どちらかというとラウンジに近いです。

3.apex 閉店 → rave club

行ってませんが、事前リサーチで発見したapexは閉店しており、同じ場所にrave clubというのができていました。

高雄(Kaohsiung)

台中同様、台北と比べると数も少なく、外国人が少ないです(特に日本人はほとんどいません)。

1.Lamp Disco

600 台湾ドルで飲み放題です。レディースは200台湾ドルでした。

2. Brickyard

600 台湾ドルで23時以前は1ドリンク(3種類)ですが、23時以降はフリードリンク制になります(ただし、フリードリンクの種類は以下の2つのみです)。

週末の21時くらいに行ったら人が全然いませんでした。

高雄の中では外国人比率が高いです(主に欧米系)。

3.Dreams(閉店)

事前リサーチで見つかったDreamsというクラブもよさそうでしたが、閉店しているようです。同じ住所に別の名前のクラブ(Face)があった(ただし営業はしていなかった)ので、別の店に変わったようです。

 スポンサードリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク