アラサーリーマンの海外弾丸アバンチュール実践術(情報収集編)

こんにちは、海外弾丸アバンチュール実践家です。

今回は、海外弾丸アバンチュール実践術を紹介します。

東京都心在住・勤務の20代、30代が土日または3連休で弾丸で海外に行き、素敵なアバンチュールを過ごす手法をまとめます。

したがって、東京都心在住ではない場合、例えば、フライトの情報などは役に立ちませんので、あらかじめご承知おきください。

続きを読む

意識高い系サラリーマンが考える生産性を高める時間の考え方

こんにちは。アシュトンです。
本日は、私なりの生産性を高める時間の使い方をご紹介します。

続きを読む

恋愛オンラインサロン戦国時代

オンラインの恋愛サロンがいつの間にか急増しています。今回はオンライン恋愛サロンについてまとめてみましょう。

続きを読む

なぜ本を読んで本を捨てるべきなのか。

こんにちは、アラサービジネス社畜です。
先日、このような呟きをしたところ結構反響がありました。

フォローしていただいている方には分かるかと思いますが、私が普段から呟いていることを何気なくまとめただけです。

続きを読む

2016年の恋愛工学を勝手に見通す

2016年の恋愛工学を勝手に考えてみます。

キーワードは、
・「多極化」
・「ネットワーク化」
・「プラットフォーム化」

だと思っています。
続きを読む

[読書]職業としての誘惑家

2016年のよく晴れた日の夜に「誘惑家」について考えてみる。

僕は村上春樹が特別に好きなわけではなく、読んだ著書といえば「ノルウェイの森」と「1Q84」くらいだし、その内容もちゃんと覚えていない。

だが、2015年のよく晴れた日の午後にある本が平積みになっていたのを見つけた瞬間、何故かその本を手にしている自分があった。

感想としては、思ったより興味深い内容である。

この本は、村上春樹氏が「小説家」としての自身の生き方を綴ったものだが、ある意味「PUA<誘惑家>」の振る舞いについて通ずるところがあると思う。

むしろ、ピックアップ活動に対する考え方そのものではないかと思える箇所がいくつかあった。以下、簡単にまとめておく。

続きを読む

コミュニケーションとしての「広義のナンパ」

初めて会った女性とこんなに簡単に関係を持てるのか。世界が変わったと思ったのは数年前である。
続きを読む

「価値観ぶちまけルーティーン」のススメ

PUAの世界で「雰囲気ぶち壊しルーティーン」というのがある。おそらくはasapenさんがその名付け主だと思うが、要は最終局面で、これまでのいい感じの雰囲気をぶち壊すようなことをする(パソコンで作業し始めるとか)により、女子が構ってほしい雰囲気を作り上げてそのまま致してしまうというルーティーンだったと思う(違ってたらごめんなさい)。

続きを読む

ナンパとはある意味において「軟派」な行為だと思う

5年も前に「ナンパは硬派な行為である」と言及されているが、私は、ナンパはある意味において「軟派」な行為だと思う。

d.hatena.ne.jp

ただし、私が捉えるところの「軟派」は世間一般で捉えられているネガティブなニュアンスではなくポジティブなニュアンスである。

ナンパに必要なのは間違いなく「軟らかさ」だ。フットワークは軽く、言動は滑らかに。
その意味においては、ナンパは間違いなく「軟らかい」行為であるはずだが、その「軟」を実践しようとすることは結構大変である。

自分が「軟」であろうとすれば、相当程度、自分の感覚を軟らかくしておかなければならない。

続きを読む